学生A。

読書が大好きな大学二年。

メンタリストDaiGo×三田紀房の「超集中力」対談で原点を思い出した。

こんばんは。ロウです。

 

今日ランニングしながら、音声だけ昨日のDaigGoのニコニコ放送「心理分析してみた!」を聞きました。

 

話題が僕の好きな集中力のお話で、かつて読んだ僕のバイブル「超集中力」の話題を想起させるものでした。

 

最近大きいサイズの図解版の本がでましたよね。

 

【メンタリストDaiGo オリジナルのダウンロード特典あり】図解 自分を操る超集中力

 

三田紀房とは?

 

ヤンマガで連載をされているようで、最近では「インベスターZ」が有名です。

 

連載を掛け持っているそうで、結構なハードワーキングをされているみたいです。

 

そこで、今回のイベントでDaiGoと対談することになったみたいです。

 

三田紀房

 

デビュー後スポーツ漫画、特に野球漫画で徐々に頭角を現していたが、仕事は細々であったため生活はギリギリの状態であった。そんな中『漫画ゴラク』の編集者の「アンケートで1位をとろう」という激励が転機となり、自らアンケート結果などを研究し「売れるマンガ」のパターンを研究するようになる。その後2003年より『モーニング』で連載が開始された「東大受験」をモチーフにした異色作『ドラゴン桜』が大ブレイクのきっかけとなり、2005年第29回講談社漫画賞、平成17年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞。同作品は連続テレビドラマ化されるに至った。また、2007年から2010年まで『モーニング』にて『ドラゴン桜』の続編となる『エンゼルバンク-ドラゴン桜外伝-』を連載していた。同作品もテレビドラマ化された。これ以外にも、2005年から2009年まで『ビッグコミックスペリオール』にて起業を題材とした『マネーの拳』を、2006年より2009年まで『スーパージャンプ』にて就職活動指南漫画である『銀のアンカー』を連載していた。2010年からは『週刊ヤングマガジン』で野球漫画『砂の栄冠』を連載開始、2015年に連載終了。2015年からは『週刊ヤングマガジン』で戦争漫画『アルキメデスの大戦』を連載開始。

 

三田紀房 - Wikipedia

 

 ②集中力は生まれつきでなく、普通に作れる。

 

DaiGoも言っていたことですが、人間はもともと集中力がない生き物だが、集中力を発揮する方法を知っていれば、誰でも簡単に集中できるようになるのです。

 

皆そういうのを調べずに、言い訳する理由を作っている、みたいな若干辛口も飛び出しました笑。いつものことですが笑。

 

彼が強調していたのは、本にもありますが「食事・運動・瞑想」でした。

 

運動は入門者はおなじみのジョン・レイティの「脳を鍛えるには運動しかない!」

が言及されていました。

脳を鍛えるには運動しかない!  最新科学でわかった脳細胞の増やし方

 

食事はやはりオメガ3。脳はオメガ3でできているのですものね。

 

瞑想はマインドフルネスについてでした。

 

この辺は本に書いてあったとおりですね。

 

③環境依存の習慣。

 

ニコニコの放送で習慣化回の時、習慣はコンテクスト(環境)依存である、という放送を見ました。オックスフォードからの放送だった気がします。

 

それについても今回言及していてました。

 

これは僕がとても実感していて、大学一年の時はバイトと遊びばかりでしたが、今法律家に向けて努力できているのは、起きる時間や運動、食事の内容や勉強する場所などの環境を変えたおかげです。人生の半分くらいは習慣によって支配だれているから人生を変えるには習慣を変えるのが一番という言葉もうなずけます。

 

 

今回の放送で、DaiGoが集中力について久々に語ってくれたおかげで、僕は原点に戻ることができました。

 

と、いうのも僕がDaiGo氏に人生を変えられてしまったということがあるのです。自分で行動すれば変わることができるということを教えてくれたのが「超集中力」だったのです。

 

定期的に彼には集中力系の放送をしてほしいですね。

 

では。