学生A。

読書が大好きな大学二年。

ひろゆき著「無敵の思考」を読むと彼の思考メソッドがわかる?感想。

こんばんは。ロウです。

 

いやー最近更新をさぼってしまっていました。別の話題で他のブログをはじめたのでそちらの方をやっていたらこちらが手薄になってしまいました笑。

 

ということで、久々に読書レビューしたいと思います。

 

今回はコチラ。。。

無敵の思考 ――誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21

 

皆さんご存知、ひろゆき氏の「無敵の思考」です。

 

まず、ひろゆき氏とはどのような人物なのでしょうか。

 

ひろゆきとは?

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

西村 博之(にしむら ひろゆき1976年11月16日 - )はサービス提供をWeb上で1999年5月に開始し日本最多の利用者数を2000年代前半に記録した匿名掲示板2ちゃんねるの開設者。後に管理者権限を他者に譲渡し実業家に転身。愛称・ひろゆき2ちゃんねるにて命名される。主に日本のインターネット文化の形成に関する基盤を築いてきたことで知られる。血液型O型。

東京プラス代表取締役未来検索ブラジルおよびティーケイテクノロジー取締役を務めるほか、ニワンゴの取締役を歴任。

2ちゃんねる (2ch.net) の開設者かつ初代管理人であり、2ちゃんねる (2ch.sc) および4chan管理人。

2015年から、平沢真一とともに『ヴァラエティ・ジャパン』のEditor in Chief(編集長)に就任した。

 

西村博之 - Wikipediaより

 

大学は中央大学、在学中にアメリカに留学しています。あの有名な「2ちゃんねる」、「ニコニコ動画」を開設したことで有名です。最近ではテレビでもよく見ますね。今はフランスに住んでいるそうです。

 

僕は彼の斬新な考え方が割と好きです。本の中にも書かれていましたが、論理的に考えるクセができているため、彼の言うことには説得されてしまいます。

 

「橋本×羽鳥の番組」に出演していましたが、そこでの彼の立ち回りを見てこの人こういうのうまいなあw、と思いましたね。

 


橋下羽鳥の番組ひろゆき無双 論破祭り神回 Ver

 

②幸せのコントロール

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

本の全体を通して書かれていたのは、彼目線の「人生で得をする方法」でした。

 

例えば、お金がないと幸せになれないか?という問いに対して彼は否定的です。なぜならば、お金があることによって金銭感覚が上がっていき、モノに対する満足には天井がないため、生活のランニングコストのみが上がっていくいくため結果的に幸せになれないということです。

 

確かに、ある程度の幸せを得るためにはお金は必要でしょう。しかし、彼は「ホームレスになる覚悟」があれば何でもできるといいます。そして、そうなって初めてリスクを背負えるようになり、幅広い選択が可能になるのだそうです。その結果、たとえお金がなくとも主観的な幸せを獲得できる、ということなのでしょう。まあ、このことに気付くのは本当にお金を持った人たちだけなのでしょうけど笑。

 

あと、飛行機のエコノミークラスで旅行する際、漫然とエコノミーを選択するではなくて、彼は「エコノミークラスで旅行すれば、20万円もらえる!」と考えるそうです。どういうことかというと、ファーストクラスで旅行するとエコノミークラスより20万円高くつきますが、その差というのは、少し席のスペースに余裕がある、ということにすぎないと考えるのです。

 

このように彼は、「少しの努力で大きな得をする」というふうに考える癖もつけているようです。

 

こんなふうに、考え方ひとつで損得勘定をコントロールできると彼は言っているのかな、と感じました。

 

③ちょっと独特だけど、納得してしまう理論。

 

彼は自分が記憶力に恵まれていないといいます。社会的には記憶力が悪いということに関してマイナスイメージですが、彼はそれを肯定的にとらえます。

 

何か嫌なことを言われたりしても、3日で忘れるような人は100日ネチネチしているような人では、30倍も得をしているといいます。確かに、そのことを気にしている時間はもったいないし、そのウィルパワーをほかのところに割いた方がいいですよね笑。(ここで入門者的考え方笑。)

 

そんなふうに「自己正当化」できれば、自分の短所や失敗も好意的にとらえることができるのでしょう。よって、このように考えるクセをつけることはとても重要だということです。

 

 

いかがだったでしょうか。個人的にはホリエモンひろゆきのタッグが好きなのですが笑。

 

クリエイティブ性の高い天才肌タイプの人の本の中から、自分に役立つエッセンスを吸収するのって楽しいと思ってるんで、こういう本はこれからも読んでいこうかなーと思います。

 

では。