がくもんノススメ。

大学二年。司法試験受験生です。DaiGo入門者。

「マインドフルネス瞑想」のススメ。その二。

こんばんは、ロウです。

 

今日は、昨日に引き続き、「マインドフルネス瞑想」のやり方と効果について考察していきたいと思います。

 

最初僕が瞑想のことを本で読んで知ってから実践し、効果を得るまでは半信半疑でしたが、日々瞑想の効果について実感させられる毎日です。正直なめてました笑。

 

・主なやり方

 

1、椅子などに座り、姿勢を正してから、楽にする

2、瞑想したい時間をタイマーにセットする

3、目を閉じて、自分の「呼吸」に意識を集中させる

4、瞑想中にほかのことを考えたり、意識が呼吸以外のことにそれたら、呼吸に意識を戻す

 

こんな感じです。これは僕も実践していますが、とてもシンプルで気に入っています。

 

「呼吸に意識を向ける」というのは、様々な方法がありますが、僕は「鼻の穴の皮膚の温度に注目する」方法で行っています。空気の行ったり来たりが感じやすいのでお勧めです。

 

座って瞑想するこの方法以外にも、食べ物の味に注目する「食事瞑想」や、自分の足裏と地面の密着に注目する「歩行瞑想」など、生活の中で実践できるマインドフルネス効果が得られるものが色々あります。

 

・「マインドフルネス瞑想」の効果

 

一般的には「集中力アップ」や「ストレス軽減」、「うつ病改善」、「感性が豊かになる」など、さまざまな効果があります。

 

特に勉強する人は、勉強の合間に瞑想をする習慣を身に着けることには、メリットがたくさんあります。

 

まず、目が休まります。勉強しているときの疲れは、目の疲れが結構な割合を占めています。目を一定期間閉じ、「暗闇を見つめる」ことで目が楽になり、勉強を再開するのが容易になります。

 

二つ目は、「集中力が高まり、生産性が上がる」ということです。これは僕が瞑想を実践している中で一番実感していることです。瞑想する習慣をつけると、今まで作業をしているときに散逸していた集中を作業に取り戻す力がつくため、より生産性が上がります。「いまここ」を生きる練習をすることは、短時間を大切にするということにもつながり、時間の使い方が上手くなることにもつながります。

 

三つめは、「ストレスに強くなる」です。試験などのプレッシャーの重圧に弱く、緊張しやすいなどという人は、瞑想によって、「メタ認知」(自分のことを客観的に観察する力)が身につくため、そのような大きなイベントでもより自分の力を発揮することがしやすくなると思います。

 

このように、瞑想をすると、考え方もポジティブになりますし、時間への考え方も変わります。今はやりのアドラー心理学は「目標を設定し、瞬間にどれだけの価値を見出すか」を重要視しているように、「いまここ」を生きるということを実感できるのではないでしょうか。

 

では。