がくもんノススメ。

大学二年。司法試験受験生です。DaiGo入門者。

英語がなくても生きてゆけることの贅沢さ。

こんばんは。ロウです。

 

みなさん、「英語」って習得したほうがいいと思いますか?

 

日本では、「英語が話せなくても生きていけ」ます。以下、そのことについて検討したいと思います。

 

とはいえ、英語が話せれば、世界中の人と会話ができるというメリットがあります。

 

企業ではトーイックの点数が評価され、「これからは英語重要だろ」みたいな風潮なんかもあったりするのではないでしょうか。

 

僕は国際系の学科なた目、いやでも英語を使って世界中の問題を勉強することになり、結果的に勉強しています。

 

で、世界中の状況の知識がだんだんわかってくると、「あれ?日本特殊すぎじゃね?」てな感想を持つようになりました。

 

何が特殊なのかというと、「英語が話せなくても死活問題に発展しない」点です。

 

日本人は、鎖国なんかの歴史を見てもわかるように、孤立した国でした。ほかの国に比べると、国同士の交流を積極的に持とう、というスタンスではなかったと思います。

 

でも、これまでの歴史上、特別困ったことはなかった。やってこれてしまったんです。

 

日本人という民族は世界中でも非常に特殊で、ここまで均質な民族はなかなかいないのではないでしょうか。町を歩けばほとんどの人は皮膚が肌色で、アメリカの「人種のサラダボウル」とは間逆といっていいでしょう。

 

そして、なんといっても日本人は「英語がしゃべれない」。

 

よく日本にくる外人は言います。「日本は英語がほかの国よりも通じない。。。」と。

 

日本人は、「同じ民族の中の仲間内では楽しくやってられてるし、割とみんな幸福に暮らしているから、英語とかしゃべれないでも、現状維持でいいんじゃね。日本人万歳!」みたいな風潮まであります。

 

しかし、世界に目を向けるとどうでしょうか。

 

シリアなどのは「いつ爆撃されるかわからない」なんていうような日本では考えられないような危険な場所もあります。そういう人たちは自分の国にいたい、思わないどころか、こんな危険なところ早く出てほかの国で平穏に暮らしたい、と思うはずです。自国愛なんていうものはとうにないような人たちもいるのではないでしょうか。

 

このような亡命したいレベルの難民からヨーロッパなどにも経済上の理由で移民にならざる終えない人たちがいっぱいいるわけです。そんな人たちが「英語しゃべれない」なんていってられるでしょうか。これはまさに「死活問題」なのです。

 

日本というここまで平和な国がほかにあるでしょうか。いや、ないのです。

 

では。