学生A。

読書が大好きな大学二年。

「影響力の武器」が私生活において強力すぎる。その六。

こんにちは。ロウです。

 

今日は六つめで最後の武器の説明になります。「希少性」です。

 

これはわれわれがもっとも日常においてマーケッター側に新をコントロールされる要因になっているのではないでしょうか笑。

 

希少性」は「そのものを手に入れる機会が限られれば限られるほどそのものをほしくなる」という原理です。

 

よくタイムセールなんかで食べ物とかを売ってるやつはまさに希少性の原理を使っていますよね。

 

このように制限される対象は時間だったり、個数とかの場合もあるでしょう。

 

なんか数ヶ月前に豊洲移転問題関係の報告書の記入欄が真っ黒に塗りつぶされた事案「ノリ弁事件」が話題になりましたけど、あれってこの法則からいくと逆効果ですよね笑。

 

あれは僕もすごく気になりましたし、あれでは政治家たちの知的好奇心も存分に刺激することになって、追求は避けられないでしょう。おふざけが過ぎたんですかね笑。

 

あとやっぱり「自分を売り込んでいく」という状況になったときに自分だけにしかない「希少性」を相手に示せたらいいですよね。就職活動や面接、恋愛したいときなどは自分のセールスポイントがあれば相手の記憶にも残りやすいですし、彼らが自分を買ってくれた場合には満足度もあがるでしょう。

 

逆に、自分にしかない「希少性」が存在しない場合は、その他大勢に埋もれてしまい、人生もつまらなくなってしまうんじゃないかなあと思います。(話が壮大になりすぎ笑。)

 

恥ずかしいんですけど僕は大学一年生のときは「あれ?大学生て意味なくね?」ってなって自暴自棄とかになった時期とかあって、悩んだ時期が結構あったんですけど、今は自分が本当に好きなことが「勉強」だと気づくことができて、とても楽しく生活できるようになりました。自分が極められることを見つけられたことはとてもよかったと思います。

 

このように自分が稀少的な存在になっていくことができれば、自分の存在を自分自身で肯定できますし、社会に求められるようにより努力するための奮起力を得ることができると思います。

 

では。