学生A。

読書が大好きな大学二年。

「過去問に対する正しい考え方」のススメ。

こんばんは。ロウです。

 

今回は、「過去問」の重要性についてお話ししたいと思います。

 

過去問って、色々な使われ方しますよね。受験生が力試しに使ったり、問題を分析してみたり。。。

 

でも、考えたことありませんか?「一度出た問題って、もう二度と出ないよな?」と。

 

そんな疑問に対して、僕たちの先生は僕らが納得できる答えを用意できたでしょうか?

 

なんか、ごまかされてきた気がしませんか?僕は今まで納得したことがありません笑。

 

でも、ひとつだけ過去問がメチャクチャ重要!と説明できる根拠を経済学の中に発見しました。

 

パレートの法則」って聞いたことありますか?

 

簡単に言うと、「そのグループ全体の主要な20パーセントが、ある事象に対して80パーセントの影響を及ぼしている」ってやつです。

 

例えば、A社の従業員の偉い順上から数えて20パーセントがA社の売り上げの80パーセントを生み出している、とか、Bという機械の故障の80パーセントは、20パーセントの部品が原因である、とかですね。

 

この80:20の法則は、過去問にも応用できるのではないでしょうか。

 

過去問には、重要な20パーセントの知識が必要な80パーセントの問題が集約されている、と考えたらどうでしょうか。

 

仮にC大学入試の数学の過去問を完璧にマスターした場合、自動的に「C大学入試に必要な数学の知識」の重要な20パーセントの知識を習得したことになるので、C大学の数学の試験においては80パーセントのパフォーマンスを発揮できる、ということです。

 

ここまで聞くと、過去問やらない手はないですよね。

 

のこりの20パーセントは、応用問題だったり、新傾向の問題だったりするんだと思います。

 

大切なのは、優先順位をつけて勉強することなので、ぜひこの考え方、してみてください。

 

今まで何となく過去問を解いてきてしまった、とか、過去問やる意味が分からないから手につかない、といった人たちは、一度過去問をやる重要性について考えてみるといいかもしれません。

 

では。