学生A。

読書が大好きな大学二年。

「チートデイ」のススメ。その一。

こんばんは。ロウです。

 

今日僕は、とても久しぶりに朝のルーティンをくずしてしまいました。

 

理由は、睡眠不足。

 

午前中全部寝てしまいました笑。

 

授業は二限だけだったので、被害は最小限でしたけどね。

 

ということもあり、今日は自分の習慣やルーティンが達成できなかった時に、どのような考え方を持てばよいか?ということについてお話していきたいと思います。

 

習慣を毎日継続することは大事ですが、習慣は一日や二日日が空いたからと言って、効果を失うものではありません。

 

人間完ぺきではないので、今日の僕のようにたまたま達成できないこともあると思います。

 

そこで一番勿体ないのが、自暴自棄になって習慣をそこでやめてしまうことです

 

皆さんも経験があるのではないでしょうか。ダイエットで言えば炭水化物をとらない、と決めていたのに少し食べてしまったときに、翌日から食べる量が間より増えた。。。なんてこと。

 

では、どうすれば習慣が途切れても明日以降同じ習慣に復帰できるのでしょうか?

 

それは、「まだこの習慣に自分が慣れていなくて、自動的にできるレベルに達していない」と考えることです。

 

そのように考えると、今までの「習慣を継続している状態」が完ぺきではなかった、ということに自分を気付かせることができます。

 

この失敗は習慣の形成過程で起こりうる当然の結果だ、というふうに考えることができるんですね。

 

で、ここからはまた少し違った話題に変えます。

 

チートデイ」をぜひ作ってみてください。

 

ずるをする日、つまり「習慣を継続しなくてもよい日」です。

 

週の初めかなんかに自分で決めておくことが大事です。僕はカレンダーにチートデイのしるしを書くことにしています。

 

この「チートデイ」は二つのメリットがあります。

 

①「チートデイを使い、存分に頭や体を休め、気分転換もできる

 

といううことと、

 

②「チートデイすら習慣にすることで、意志力が鍛えられる

 

ということです。

 

この続きはまた明日書くことにいたします。

 

では。