学生A。

読書が大好きな大学二年。

記憶系の勉強は朝やるべきか、夜やるべきか、論争。

こんばんは、ロウです。寝る前に少し時間があるので、3記事目を書こうと思います。

 

ズバリ、記憶系勉強は、朝か、夜か。

 

れいうと、大体の人が、「記憶に残りやすいから、。」

 

と答えると思うのですが、僕は、これはとても難しい問題だ、と思います。

 

経験から行くと、高校の定期テストとかのときとかも、周りの友達は割と夜型が多かったかなーと思います。

 

確かに、人間の脳は寝ている間に残すべき記憶を取捨選択するので、寝る前に学習を行うと記憶に定着しやすくなる、というのは事実です

 

しかし、前にお話しした、「意志力」のお話からいくと、勉強の習慣化がしやすいのは、圧倒的に朝です。私たちの意思を司る前頭葉(額から2-3cm奥)は、一日の生活で疲弊しきっています。

 

しかも、夜って結構予定が入ったりして、そういう意味でも毎日勉強するのって難しいと思うんです。

 

自分で何かを成し遂げるときは、やはり朝の時間を確保し、そこに集中力を一点投下すべきかな、と僕は思うんです。朝はもともと意志力が高い時間帯ですし。

 

まとめると、朝勉強するメリットは、「習慣化しやすい(続きやすい)」のに対し、夜勉強するメリットは、「記憶が残りやすい」ということです。

 

この二つは、トレードオフで、互いにメリット、デメリットがあります。

 

さて、勉強において、継続をとるか、記憶をとるか、という問題になってきました。

 

みなさんは、どっちだと思いますか?

 

僕は、習慣化して毎日やらないと勉強は意味ない。と思っているので、完全に朝方の勉強スタイルをとっていますが。。。

 

実はそれは食わず嫌いで、夜やったら意外と集中できる、なんてこともあるのかもしれませんけれど。

 

まあ、しばらく僕は朝方で行きます笑。

 

では。おやすみなさい。