がくもんノススメ。

大学二年。司法試験受験生です。DaiGo入門者。

「有酸素運動」のススメ。その一。

 こんばんは。ロウです。

 

今回は、「運動」について考察したいと思います。

 

皆さんは、何のために運動しますか?

 

体を鍛えて体を絞りたい、スポーツのため、色々理由はあると思います。

 

今回お伝えしたいのは、「勉強が生活の中心の人にも、運動は有益!」

 

ということです。

 

今回の参考図書はコチラ・・・

 

 

脳を鍛えるには運動しかない!  最新科学でわかった脳細胞の増やし方

脳を鍛えるには運動しかない! 最新科学でわかった脳細胞の増やし方

  • 作者: ジョン J.レイティ,エリックヘイガーマン,John J. Ratey,Eric Hagerman,野中香方子
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2009/03/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 31人 クリック: 757回
  • この商品を含むブログ (74件) を見る
 

 

ジョン・レイティさんの 「脳を鍛えるには運動しかない!最新科学で分かった脳細胞の増やし方

 

という本です。

 

本の要旨としては、「人間は進化の過程で移動しながら脳を発達させてきたんだから、脳を鍛えるためには運動って大事だよね」

 

って感じです。

 

本の内容ですが、アメリカ・イリノイ大学のある学区で、授業開始前に0限を設け、運動の時間を作りました。参加した生徒たちは、成績が上がり、特に運動直後の成績が上がった、なんてデータもあるようです。

 

理由の詳細は以下の通りです。

 

狩猟・採集時代の人間の生活を考えてみてください。

 

彼らの生活に移動は必要不可欠でした。今の時代みたいに電車や車はなく、自分で食料をとったり、季節によって生活する拠点を変える必要が常にあったからです。

 

と、いうことは、自然と生活の中に、「有酸素運動」が組み込まれていたんですね。

 

それが、現代はどうでしょう。

 

運動は会社や学校の生き帰りだけ。。。なんて人は多いのではないでしょうか。

 

特に、受験生やなどの勉強が成果宇の中心の人にとっては、運動は無縁かもしれません。

 

つまり、現代人には、圧倒的に、運動量が足りていないんです。

 

本の中では、一日30分の有酸素運動を推奨されています。

 

 運動強度としては、散歩程度で十分です、そんくらいでオッケーなんですね。

 

この30分の有酸素運動を習慣化してしまえば、毎日の仕事や勉強がよりはかどるのではないかと思います。生活の中に上手く取り込んでみてください。

 

続きはまた今度。

 

では。